喜ばれる引き出物とは

結婚式といえば引出物。引出物ってとても迷います。一体どんなものを贈れば喜ばれるのか、迷惑ではないのか、これは引出物がある限り、永遠のテーマではないでしょうか。結婚式では必ず引出物があります。結婚式帰りの人が大きな紙袋を持っているでしょう。その中にはお赤飯、おまんじゅう、バームクーヘン等のお菓子と引出物なるものが入っています。

この引出物は当事者にとっては頭を悩ますものです。大抵、式場で様々な引出物が用意されていて、予算の引出物を選ぶことになります。招待しているお客様の年齢はたいてい様々。趣味も様々。統一して選び出すなんてとても大変なことです。とはいえ、いい加減に選ぶことはできません。ということで頭を悩ませるのです。できれば、自分でもこれを引き出物にしたいと思うものを選びたいものです。そして、招待したお客様に少しでも喜んでもらえればと思うものです。

引き出物

引出物ってよく喜ばれてないなんて話を聞いたり、自分でも使わないなっていうものをいただいたりしている経験がさらに引出物選択を困難にするのです。その上、両家の親が加わってきたら、それはもう大変。話はまとまりません。できるだけ自分の好みでありつつ、そつのないものを何とか選び出したいものです。お客様に喜んでいただけて、なおかつ役に立ってもらえれば。。。なんていうのは甘いでしょうか。

もちろん、引出物クレームなんてあるわけないのですから、びくびくせずにドドーンと決めればいいのです。みなさん、引出物の為の来るのではありません。2人を祝福する為にいらっしゃるのです。

カタログで選ぶセレクト引き出物

最近よく見られるのがカタログで選ぶセレクト引き出物。結婚式に関わらず、お祝いなどのお返しにセレクト形式のカタログ引き出物は人気がある様です。私は何となく色気がないように感じてあまり好きではないのですが、あまりにも迷ってしまうようであれば致し方ありません。お客様の手間になるような感じもありますが、好きなものをセレクトしてもらえると言うところはいいかもしれません。

食器は定番かな。プレートやコーヒーカップ、小鉢とか。あまりにも奇抜なデザインだと困るけど、シンプルだったらいいかもしれません。ただし、食器類は持って帰っていただくのに重たいなんてこともありますね。食器の場合は幅広くデザインや種類があるというのが利点です。ある程度、自分の好みも取り入れつつ選べるかもしれません。またシンプルに花もいいでしょう。ここは枯れない花のプリザーブドフラワーであれば、手入れが不要なので喜ばれると思います。

とにかく、色々考えすぎては引き出物を決めることはなかなかできません。できるだけ、みんなが困らないもの、できるだけ自分の好みのもの、できるだけ持って帰るのに迷惑でないものと言う感じで、選びましょう。

注目サイト

Google
https://www.google.co.jp/
恵比寿 ネイルサロン
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000283901/
美容院 池袋
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000247235/

Last update:2015/3/11